市民健康講座2016
その症状もしかして…足にも起こる動脈硬化!


「市民健康講座2016 その症状もしかして…足にも起こる動脈硬化!」

■ABIデモンストレーション「ABI測定ってどんなもの?」

■弾性ストッキング・靴のインソールセミナー

■いきいき健康座談会

■「ココロからダンス」座ってできる健康体操

■「食事と健康について」食事アドバイス


ABIデモンストレーション

「ABI測定ってどんなもの?」
乾 登志也さん(フクダ電子)
岡島年也先生(医療法人社団 それいゆ会 こだま病院 循環器内科部長)

足の動脈硬化症(閉塞性動脈硬化症)の検査に用いるABI測定機器を使用して、
検査技師によるABI測定デモンストレーションを会場のスクリーンに映しながら、
測定方法などを見ていただきました。
ABI測定は比較的簡便にできる検査なので定期的に検査する大切さや、
測定時の注意事項(適切な衣類/体位や動作で血圧の数値がかわることなど)、
ABI測定値の見方なども解説いたしました。

市民健康講座

座長:上嶋 健治先生(京都大学医学部附属病院 臨床研究総合センター EBM推進部 教授)
演者:岡島年也先生(医療法人社団 それいゆ会 こだま病院 循環器内科部長)
「その症状もしかして…足にも起こる動脈硬化!」

「足にも起こる動脈硬化(閉塞性動脈硬化症:ASO)」、 この疾患を知らないまま
重篤になって診察にこられる患者様をみてきた岡島年也先生が、
一人でも多くの市民の皆様にこの疾患の事を知って頂き、
役に立ててほしいという思いで講演されました。

【動脈硬化について】

「動脈硬化は加齢とともに起こりやすいもの、
それを病的なものにならないようにどう管理するか、
どのように予防していくか、また医療機関をどう活用するのがよいか解説。

【足の動脈硬化症(閉塞性動脈硬化症)について】

疾患の概要、診察〜検査〜治療、予防方法について詳しく解説し、
症状の整形外科疾患との見分け方などもスライドを使用しながらお話頂きました。

「足に動脈硬化症を罹患した場合、他の血管疾患を合併していることがある。
足の血管病=全身の血管病を意識してほしい。
足の血管病は無症候であっても重篤の場合もあるので、
定期的な健診が大切。」と伝えられました。

弾性ストッキングと靴のインソール セミナー

管家 寿春さん(バウアーファインド)
岡島年也先生(医療法人社団 それいゆ会 こだま病院 循環器内科部長)

静脈瘤やリンパ浮腫の予防や治療のために開発された弾性ストッキングを、
実際に着用したり、インソールを入れた靴を履き比べてみたりしながら、
効果や正しい着用方法をご紹介。

弾性ストッキングもインソールも着用したら動くことが大切、
「一生涯、自分の足で歩く」ことをモットーに、
足の健康を保ちましょう。とお話いただきました。

いきいき健康座談会

座長:上嶋 健治先生(京都大学医学部附属病院 臨床研究総合センター EBM推進部 教授)
登壇者:吉牟田 剛先生(金沢大学 循環器内科 助教)
    岡島 年也先生(医療法人社団それいゆ会 こだま病院 循環器内科部長)
    橋本 昌人さん(涙活でも活躍されている放送作家)

「足にも起こる動脈硬化」や、「医療機関とのつきあい方」などについて、
放送作家の橋本昌人さんと司会の上釜さんが患者さんの声を代弁して頂き、
先生方に疑問や質問を投げかけ、先生方にわかりやすく解説頂きました。

「配布したパンフレットのYES/NO表紙を使って、ご来場のみなさんのご意見も伺いながら、
「足のむくみは動脈硬化に関係あるの?」「動脈硬化にならないためには?」「歩く重要性」
「診察時の症状を伝えるポイント」「どのようにお医者さんとつきあうか」など、
具体的にお話頂きました。

「ココロからダンス」座ってできる健康体操

南 流石さん(振付家)

振付家 南流石さんのダンス映像に合わせて、
会場のみなさんと椅子に座ったまま体を動かしました。
会場に来られなかった流石さんのコメントを聞いた後、
映像に合わせて先生方も一緒に体を動かし、
心も体もほぐれる楽しい時間となりました。

「食事と健康について」食事アドバイス

管理栄養士:道 由美先生/山本 優先生/
日原 千香子先生(医療法人社団 それいゆ会 こだま病院)
協力:食育SATシステム 株式会社 いわさき

管理栄養士 道先生よりお野菜の摂り方などの食事アドバイスをお話頂いた後、
食品サンプルをトレイに載せ食事バランスを計測する機器を使って、
普段の食事バランスを計測して頂きました。

先生方の食生活も実際にチェックして頂いたのですが、
なかなかバランスのとれた食事は先生方にも簡単ではないようでした。
管理栄養士さんにアドバイス頂きながら、
普段の食事バランスを考える良い機会となりました。

【企業展示】

会期中ロビーでは企業様の展示を開催致しました。
足の形に合わせて作った靴や弾性ストッキング、
測定機器などご来場のみなさまに実際に手に取ってご覧頂きました。


バウアーファインド様【弾性ストッキング・靴のインソール】

ザニテーツハウスPOSC様【足と靴の相談コーナー】

フクダ電子株式会社様【ABI測定機器展示】

医療法人社団 青山会様【ノルディックウォーキングポール】


この市民健康講座2016を通じて「足にも起こる動脈硬化、閉塞性動脈硬化症」を、
市民の皆様に知って頂き、ご自身の健康やお体のことを
考えて頂く契機となれば幸いに存じあげます。
ご来場頂きました皆様、ご支援ご協力頂きました皆様に
スタッフ一同心より感謝申し上げます。

血管疾患をともに考える会はこれからも、
一人でも多くの皆様に心臓血管疾患について
正しい理解と認識を持って頂き、
予防・早期診断の大切さを伝えていけるよう努めて参ります。
今後ともご理解ご賛同頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

謝辞
市民健康講座2016「その症状もしかして…足にも起こる動脈硬化!」の開催にあたり、
多くの企業様、地域の皆様にご支援、ご協力賜りました。ここに厚く御礼申し上げます。

7 6 5 4 3 2 1